お尻の黒ずみにピーチローズかピューレパールで迷ったら。

肌の黒ずみケア用品といえばピューレパールとピーチローズがあるんですが、この2つに絞って比較してみましょう。

青コーナー!ピーチローズ


まずピーチローズですが、お尻の黒ずみ対策グッズとして注目されています。
繰り返し摩擦や圧迫を受けるところの皮膚はどうしても頑固な黒ずみができやすく、特に座りぱなしの仕事をしている女性が多く悩んでいます。
固くなった角質にタップリと美容成分を補うことで柔らかくし、肌のターンオーバーを促します。

 

赤コーナー!ピューレパール


一方のピューレパールですが、こちらは脇の黒ずみ対策グッズとして注目されています。
ピーチローズと共通して保湿成分に優れており、固くなった皮膚にもしっかり成分を馴染ませることができます。
どちらも無添加でジェルタイプの低刺激なクリームで、お尻や脇だけではなく体中のあらゆる所へ使えます。

 

美容成分で対決!

細かく美容成分を見ていくと、お尻黒ずみグッズのピーチローズには人参エキスやトウキエキスなど天然の生薬成分が8種類も含まれていますね。
さらにプラセンタエキスやエラスチン、天然ビタミンEなど、美容成分がたっぷりと含まれています。

 

ピューレパールには生薬成分が含まれていないものの、プラセンタエキスや天然ビタミンEなど美容成分はタップリと含まれています。
ピーチローズに含まれていない成分だと米ぬかエキスがありますね。
米ぬかには軽いピーリング効果があり、優しく肌の汚れを落としてくれる優れモノなんです!

 

成分の種類はシンプルなピューレパールですが、米ぬかエキス配合は注目したい点ですね。

美容成分が多いからいいというわけではない!

あれこれたくさんの植物成分の種類が入っているピーチローズの方がいいようにも思えますが、必ずしも美容成分が多いからいいというわけではありませんよね。

 

植物成分でも肌に合わなければNG!アロエがダメだという人はピーチローズは使えません。
生薬って意外と肌に合わない人が多いんですよね。

 

特にお尻は意外とデリケートなところなので、成分はちょっと気にしたいところです。
肌が心配と言う人はピューレパールのように無添加でシンプルなクリームの方が安心ですよ。

 

また、ピューレパールには天然ビタミンEを含んでいるのにも注目したいですね。
ビタミンEは抗酸化作用のある成分として知られています。
つまり、アンチエイジングにもいいということですね。
お尻の黒ずみは保湿だけではなく、肌の活性化も必要です。

ジャッジ!WIN!ピューレパール!


美白成分として、グリチルリチン酸ジカリウムがピューレパールには配合されています。
これはビタミンCの270倍のパワーがあるんです。

 

美白とターンオーバー、肌の活性化という面で見ると黒ずみにはピューレパールの方が断然おすすめです。

 

ただ、お尻にニキビがよく出来る。という人はピーチローズでもOKです。
自分の肌に合ったアイテム選びをすることが大切です^^

 

→ピューレパールの効果を倍増させる使い方レシピを見る