ピューレパールが脇の黒ずみに効果が出やすいワケ。

ピューレパールが脇の黒ずみに効果が出やすいのは、肌が持っている本来の力を発揮させようとする点にあります。

 

脇の黒ずみの原因は、外的刺激であることがほとんど!
例えばカミソリや毛抜きなどの自己処理、紫外線、ナイロンタオルでゴシゴシと強く擦ってしまうことなど。
きつすぎる下着の摩擦も肌にとっては刺激になります。

 

そんな刺激を受け続けると、肌の中ではメラニン色素が生成されてしまうんですね。
メラニン色素が生成されても肌は生まれ変わりのサイクルがあるので、時期が来れば外に排出されてシミやくるみにはなりません。

 

でも肌のターンオーバーが正常じゃなかったらうまく排出されずに沈着してしまうわけです。

 

あるいは下着の摩擦のように長期間かけて受け続ける刺激の場合は、肌の生まれ変わりサイクルが追いついていない可能性があります。

 

そうやってメラニン色素が排出されずに沈着してしまったら、肌はどんどん黒ずんでいくのです|ω・`)カッ!

 

また、肌が刺激を受けると防衛本能が働き、角質層が厚くなってしまうことだってあります。
その厚くなった角質も黒ずみの元!
脇の下はムダ毛処理で絶えず刺激を受け続けているところなので、黒ずみやすいんですね。

 

ピューレパールのどの成分がどう黒ずみに効くの?

ピューレパールにはまず潤い成分がたっぷりと含まれているんですが、肌が保湿されて角質が柔らかくなれば、黒ずみも自然と和らぎます。
肌の水分を保つコラーゲンはもちろん、ヒアルロン酸やプラセンタも含まれています。

 

特に注目したいのはプラセンタ!
プラセンタは胎盤から抽出したエキスで、優れた美容効果があるといわれています。
できてしまった脇の黒ずみを漂白するわけではありませんが、黒ずみの元であるメラニンの生成を抑える働きがあります。
さらに肌のターンオーバーを促す働きもあるので、蓄積しがちなメラニン色素も排出しやすくなります

 

ピューレパールは決して漂白剤ではありませんが、でも肌力をサポートしてくれます。

 

一般的な肌の生まれ変わりサイクルは28日前後と言われていますから、1ヶ月、2ヶ月とピューレパールを塗り繰り返し肌を生まれ変わらせることで、徐々に黒ずみが改善されていくんですね。

 

脇の下はスキンケアの意識がとても低い場所ですが、夏でも堂々と肌を出すためにはピューレパールを塗るなどお手入れが大事!

 

黒ずみの元を外に出して肌に潤いを与えることで黒ずみを解消します。
蒸れがちな場所でもサラッとした馴染みのいいジェルクリームなので、ストレスなく続けらるのもいいところです^^

 

★さらにピューレパールの効果を倍増させたいあなたはコレを一緒に使ってみよう!
→ピューレパールと一緒に使いたいアイテムその@
→ピューレパールと一緒に使いたいアイテムそのA